• 印刷する

ミスドがハラル認証取得、来年は3店舗新設

ミスタードーナツをインドネシアで運営するインドマルコ・プリスマタの子会社、ラガム・カルヤ・ブルサマは、このほどミスタードーナツの商品の材料や製造設備などがハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)認証を取得したことで、積極的に店舗拡大をしていく方針だ。来年は新規店舗を3カ所設立する。27日付コンタン(電子版)が伝えた。

ハラル認証は8月29日、イスラム指導者会議(MUI)食糧・化粧品試験機関(LPPOM)から取得した。ラガム・カルヤのラウレンシウス社長は新設予定の3店舗について、「ジョクジャカルタ特別州や中ジャワ州スマラン、バリへの展開を検討している」と説明。また、「現在の主要顧客は25~35歳だが、より若い世代の取り込みを目指し、独立店舗を増やしていく」と語った。面積120~150平方メートルの店舗新設にかかる費用は30億~40億ルピア(約2,264万~3,018万円)という。

ミスタードーナツは現在、首都ジャカルタと西ジャワ州バンドン、東ジャワ州スラバヤに計8カ所の店舗を構え、インドマルコが運営する国内1,800カ所のミニマート「インドマレット」でも商品を販売している。ラガム・カルヤのスティーブン取締役(運営担当)は「1カ月当たりの販売個数は合計約200万個、前年比で4割増となった。店舗だけでなく、インドマレットでの販売増が貢献した」と説明。年内にミスタードーナツを販売するインドマレットを2,000店舗に拡大するとともに、1カ月当たりの販売個数を300万個に引き上げる目標を示した。

ハラル認証を取得したことを示すステッカー(右側のモニター下)が貼られた、ミスタードーナツFXスディルマン店=南ジャカルタ(NNA撮影)

ハラル認証を取得したことを示すステッカー(右側のモニター下)が貼られた、ミスタードーナツFXスディルマン店=南ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ禍で新しいファッ…(12/03)

飲食品メーカーの多くが減収 1~9月、即席麺や調味料は堅調(12/03)

ジェットスター、東南アジア路線を増便(12/03)

感染危険地域が急増、全国で50地域に(12/03)

全国の首長ら48人がコロナ感染、8人死亡(12/03)

首都の自動車展示会、来年3月に再延期(12/03)

プルタミナ、向こう2年は製油所の利益縮小(12/03)

石炭ガス化事業、優遇措置の対象に(12/03)

フリーポート、青山控股と製錬所建設を協議(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン