• 印刷する

トヨタ、ウィーゴなど小型車3モデル発売

25日に発売された小型ハッチバック「ウィーゴ」の新モデル(TMV提供)

25日に発売された小型ハッチバック「ウィーゴ」の新モデル(TMV提供)

トヨタ・ベトナム(TMV)は25日、小型ハッチバック「ウィーゴ」と小型多目的車(MPV)「アバンザ」、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ラッシュ」の新モデルを発売した。

5人乗りのウィーゴは排気量1200ccで、マニュアルトランスミッション(MT)とオートマチックトランスミッション(AT)の2種類を販売する。全長3,660ミリメートル、全幅1,600ミリ、全高1,520ミリ。コンパクトで狭い小道も走りやすく、日常的に都市部を走る若年層に最適としている。

アバンザは排気量1300ccのMTと1500ccのATの2種類を販売する。7人乗りで、若年層の家族に適しているという。ラッシュも7人乗りで、販売するのは排気量1500ccのAT。全長4,435ミリ、全幅1,695ミリ、全高1,705ミリ、ホイールベース2,685ミリとなっている。フィリピンやインドネシア、タイなど主に新興国向けに開発され、小型SUV市場をけん引している。1997年の発売以来、今回のモデルが3代目となり、これまでに約100カ国・地域で販売されているという。

3モデルともボディーカラーは全6色。あす29日には、全国のディーラーで3モデルの展示や家族連れ向けのイベントが開催される予定だ。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

インバウンド切札にIR事業 日系興行大手、越で経験積む(08/20)

ベトナム自動車販売、25年に100万台到達か(08/20)

越航空、ボーイング787―10初号機を受領(08/20)

バンブー航空、就航7カ月で1万便達成(08/20)

南部の工業団地、土地使用料の上昇続く(08/20)

FLC、コントゥム省で都市区レガシー着工(08/20)

JESCO、越でダム観測局の工事受注(08/20)

EVN、傘下ファイナンスの持ち株を売却へ(08/20)

韓国社、スマホ用指紋認識の生産ライン構築(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン