• 印刷する

現代モービス、車載短距離レーダーを国産化

現代自動車グループの自動車部品メーカー、現代モービスは自動運転車向け短距離レーダーを開発したと発表した。輸入に頼ってきた短距離レーダーの国産化する。

短距離レーダーは、先進運転支援システム(ADAS)の一種である後方衝突警報(BCW)システムに用いられる中核部品。BCWは走行中に後方を走行する車両の位置や速度を認識し、衝突のリスクなどを知らせる。

現代モービスは、2020年をめどに韓国の完成車メーカーに供給を開始する計画だ。

同社によると、輸入品に比べて通信速度は倍速くなり、対象を認識できる範囲は1.5倍に広がったという。重さも既存の製品よりも軽量化した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

韓国輸銀、越に1兆Wを供与 過去5年間の有償資金協力で(18:57)

老朽インフラに32兆ウォン、管理体制強化へ(16:45)

サムスン、AI処理用NPU事業を強化(16:49)

大韓航空がB787を30機導入、21年から運用(17:09)

カムコシティー計画、地場社が融資会社批判(17:44)

テイクオフ:選手交代は監督の思惑を…(06/19)

現代自EVの世界販売急増 コナが起爆剤、中印でも発売へ(06/19)

SKTとサムスン電子、6G開発で提携(06/19)

韓国LVMC、中国重汽の生産販売を開始(06/19)

サムスンが5G機器に注力、研究人材を増員(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン