• 印刷する

日系TVP、情報会社フロンティアに出資

ミャンマー最大都市ヤンゴンを拠点とする日系投資会社トラスト・ベンチャー・パートナーズ(TVP)はこのほど、ビジネス情報会社フロンティア・ミャンマー・リサーチ・アンド・アドバイザリー(FMR)に出資した。

TVPとFMRは19日、共同の報道発表で「両社は2017年から協力関係にあるが、TVPからFMRへの出資により連携を強化した」と発表した。出資額などは明らかにしていないが、出資比率は20%余りとなる。

両社の契約によると、TVPは、FMRのエネルギー、金融サービス、不動産、交通インフラに関する情報の日本人向け購読サービスを独占配信する。FMRの調査力や見識とTVPの顧問サービスを統合し、国内外の投資家や資金調達を目指す地場企業などを支援していく方針も示している。

両社はミャンマーの金融サービス市場の成長に大きな可能性を見いだしている。TVPの金融顧問部門での経験と、金融情報サイトのミャンマー・フィナンシャル・サービシズ・モニターを通じたFMRの取材力を活用し、投資家らに企業分析報告書などの情報サービスも提供する計画だ。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

24日の感染者11人、48日連続で死者ゼロ(11:39)

ザガイン管区で焼き打ち、5千人避難(10:59)

マンダレー管区産トマトに高値(10:56)

登校再開の機運、葛藤胸に 教育の遅れに募る危機感(05/25)

新モン州党、和平交渉で国軍支持の姿勢(05/25)

米大統領、ミャンマー民主化への回帰強調(05/25)

ヤンゴンのパーム油価格、8.7%引き下げ(05/25)

油料作物の栽培面積拡大へ、ザガイン管区(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン