• 印刷する

日系TVP、情報会社フロンティアに出資

ミャンマー最大都市ヤンゴンを拠点とする日系投資会社トラスト・ベンチャー・パートナーズ(TVP)はこのほど、ビジネス情報会社フロンティア・ミャンマー・リサーチ・アンド・アドバイザリー(FMR)に出資した。

TVPとFMRは19日、共同の報道発表で「両社は2017年から協力関係にあるが、TVPからFMRへの出資により連携を強化した」と発表した。出資額などは明らかにしていないが、出資比率は20%余りとなる。

両社の契約によると、TVPは、FMRのエネルギー、金融サービス、不動産、交通インフラに関する情報の日本人向け購読サービスを独占配信する。FMRの調査力や見識とTVPの顧問サービスを統合し、国内外の投資家や資金調達を目指す地場企業などを支援していく方針も示している。

両社はミャンマーの金融サービス市場の成長に大きな可能性を見いだしている。TVPの金融顧問部門での経験と、金融情報サイトのミャンマー・フィナンシャル・サービシズ・モニターを通じたFMRの取材力を活用し、投資家らに企業分析報告書などの情報サービスも提供する計画だ。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

生保・損保市場の開放間近か 当局幹部が発言、近く関心表明受付(12/18)

ヤンゴン―ピー線の改修工事、年初に入札へ(12/18)

ヤンゴン開発への仏融資、連邦議会で否決(12/18)

関税局、保税倉庫の導入推進に意欲(12/18)

東風汽車、MPVモデルを市場投入(12/18)

ヤンゴンの工場労働者、当局介入求め会見(12/18)

メルギーの真珠養殖、3島のみで可能(12/18)

高齢者向け医療制度が必要、NGOが指摘(12/18)

札幌へのゾウ輸送、阪急阪神エクスが実施(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン