• 印刷する

中心部の共用オフィス、ゼロテンが買収

ゼロテンはコワーキングスペース「ディストリクト6」の買収でシンガポールに進出する(同社提供)

ゼロテンはコワーキングスペース「ディストリクト6」の買収でシンガポールに進出する(同社提供)

映像製作などを手掛けるゼロテン(福岡市)は19日、子会社ゼロテンパークを通じて、シンガポールにあるコワーキングスペース(共用オフィス)の「ディストリクト6(D6)」の全株式を取得すると発表した。D6は同国の日系企業インシトゥ(InSitu)アジア・ホールディングスが運営している。

ゼロテンパークは「ザ・カンパニー」ブランドのコワーキングスペースを運営。海外展開を積極的に進めており、日本国内2カ所のほか、フィリピン・セブ、米ハワイ・ホノルル、タイ・バンコクに進出している。D6は「ザ・カンパニー シンガポール(仮)」に改名し、11月12日に海外4号店としてリニューアルオープンする計画だ。

D6は2017年6月に開業。MRT(地下鉄・高架鉄道)シティーホール駅から徒歩5分ほどの商業ビル内にあり、総床面積は約1,000平方メートルとなる。自由に使える「フレックス席」、2~4人用の「スタジオ」、5~20人用の「オフィス」とさまざまなレイアウトをそろえる。京都発のスペシャルティーコーヒーのカフェ「KURASU」があるラウンジスペースは、50人規模の着席イベント、100人規模のスタンディングイベントが開催できるという。

インシトゥはアジア太平洋地域でホテルやコワーキングスペースの企画開発、運営、投資などを手掛けている。D6の開業以来、プロップテック(不動産テクノロジー)新興企業の支援プログラムなどを提供してきた。ザ・カンパニー シンガポールとして開業後も、テナントとして同コワーキングスペースに入居し、引き続きプロップテック企業への投資などに関わっていくという。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 建設・不動産IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事が終わって最寄り駅…(03/21)

域内企業幹部、19年に楽観的 人材のスキル不足は懸念材料(03/21)

1年半で42の金融機関に罰金、不正取引など(03/21)

テマセク子会社、CEOにサンドラセガラ氏(03/21)

米FCストーン、UOBの清算・決済子会社を買収(03/21)

株価反落、金融最大手DBSは0.3%安(03/21)

エニーマインド、VGIなどから資金調達(03/21)

グラブ、後払い決済など金融サービス拡充(03/21)

PSA、ポーランドのコンテナターミナル取得(03/21)

車両購入権価格、二輪車のみ値下がり(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン