• 印刷する

半導体産業14万人失職も、税制改革第2弾で

フィリピンの下院を先に通過した、税制改革(CTRP)第2弾の「機会創出のための税制改革(TRABAHO)」法案が成立すれば、半導体産業で14万人が失職する恐れがあると業界団体が警鐘を鳴らしている。輸出企業に付与されてる優遇の縮小が盛り込まれているためだ。地元紙ビジネスミラーが伝えた。

フィリピン半導体・エレクトロニクス産業連盟(SEIPI)のダニロ・ラチカ代表は、今月10日に下院が可決したTRABAHO法案について、「法人税率の引き下げには賛成だが、優遇縮小は多国籍企業の国外流出につながる」と語った。ラチカ氏によると、優遇措置の先行きが不透明で、既に多国籍企業の一部は他国での事業拡大を決めているという。

ラチカ氏は、失業者は半導体産業が直接雇用する14万人にとどまらず、関連業種にも拡大する恐れがあると指摘。他のアジア諸国に対する競争力を維持するには、フィリピン経済区庁(PEZA)などの登録企業への優遇が必要と強調した。

半導体を含む電子製品の輸出額は、2017年は前年比11%増の327億米ドル(約3兆6,700億円)と、フィリピンの輸出額全体の半分以上を占める。半導体産業の雇用は、間接的な雇用も含めて320万人に上るとみられている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:糖尿病で数年前に右足の…(10/23)

業者向け美容品展示会を開催 約150ブランド、市場拡大に期待(10/23)

PEZA、優遇税率「7%」で妥協目指す(10/23)

首都圏の最賃、労組が日額700円上げ要求(10/23)

22日為替:$1=53.790ペソ(↓)(10/23)

グーグルが比に初の支援センター開設へ(10/23)

米ITコンサル、マニラ2カ所目の拠点開設(10/23)

カビテ貨物ターミナル、11月5日本格開業(10/23)

SMプライム、1~9月は17%増益(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン