• 印刷する

ホンダ、小型SUV「HR―V」初投入

小型SUV「HR―V」を披露するHVNの桑原社長(右から2人目)ら=18日、ハノイ

小型SUV「HR―V」を披露するHVNの桑原社長(右から2人目)ら=18日、ハノイ

ホンダ・ベトナム(HVN)は18日、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「HR―V」の新型を発表した。ベトナム市場へのHR―V投入は初めて。同車種に相当する小型SUVの販売は国内初という。

新型HR―Vは5人乗りで、タイの工場で生産した完成車(CBU)を輸入する。グレードは「G」と「L」の2タイプある。ボディーカラーは全6色で、グレードGが3色、グレードLが5色となっている。価格はグレードとボディーカラーによって異なり、付加価値税(VAT)込みで7億8,600万ドン(3万3,800米ドル、約378万円)~8億7,100万ドン。全国のディーラーで8月に予約の受け付けを開始し、10月半ばから順次納車していく予定だ。

HVNの桑原俊雄社長は、「気持ちが若く、ライフスタイルのスタイリッシュさを車で表現したい方に乗ってもらいたい」とコメント。HVNが販売するSUVとしては、好評を得ている「CR―V」に次ぐ2車種目となることに言及し、「7人乗りのCR―Vよりも一回り小さいHR―Vは、コンパクトさで新規顧客を魅了するとみている」と話し、既存車種の販売には影響を与えないとの見方を示した。

桑原社長によると、8月からこれまでに約300台の予約を受けているという。納車を開始する10月半ばから年度末となる来年3月までに1,000台を販売したい考えだ。

HR―Vは2014年に日本で発売されて以来、100カ国・地域余りで人気を博しており、数々の賞を受賞している。世界の累計販売台数は今年8月時点で約180万台に上った。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン