輸出指数が過去最大の下げ幅 米中貿易摩擦で先行き不安強まる

香港貿易発展局(HKTDC)が18日発表した2018年第3四半期(7~9月)の輸出指数は、前四半期(4~6月)比18.3ポイント急落の35.8となった。約7年ぶりの高水準を記録した前四半期から一転、統計を始めた06年以降で最大の下げ幅を記録し、節目の50を大きく割り込んだ。激し…

関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 繊維その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

9月の民間住宅賃料、5カ月ぶり下落(12:54)

星野リゾートが香港でPR 「重要な市場」、外国人利用増へ(10/18)

9月の訪日香港人23.8%減、自然災害響く(10/18)

港珠澳大橋、23日に開通式典=香港報道(10/18)

9月のコンテナ取扱量、8カ月連続マイナス(10/18)

沙中線の開通、さらに半年遅れか=消息筋(10/18)

インフラ事業の資産証券化を研究、HKMA(10/18)

TNG、英越境決済会社の6割株取得(10/18)

小反発、資源銘柄に買い集まる=香港株式(10/18)

HSBC生保部門、据置年金商品を発売へ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン