• 印刷する

アクレダ銀、公共交通に2次元コード導入

カンボジアの首都プノンペンで、15日から公共バスと水上タクシーの運賃支払いで2次元コード(QRコード)による電子決済が可能になった。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

電子決済には、商業銀行最大手アクレダ銀行が提供するモバイルアプリ「アクレダ・ユニティー・トーン・チェト」と連動させた2次元コードを使う。同銀と首都政府が先月、導入の契約を交わしていた。同アプリの利用者数は65万人に上る。

アクレダ銀の幹部は「支払い時間の短縮につながる」と話した。公共バス当局者は「運賃の回収が容易になる。乗客がバスを利用しやすくなり、交通渋滞の緩和につながる」と期待を示した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(17:01)

EU制裁検討は「心理戦」 フン・セン首相、強気の姿勢維持(10/22)

カンボジア人数百人がデモ、EU本部付近(10/22)

列国議会同盟、選挙結果に強い懸念(10/22)

メコン川のしゅんせつ再開へ、閣僚が問題視(10/22)

農水省、農家支援の価格情報サイトを開設(10/22)

カンボジアとタイ、共通ビザの導入再提案(10/22)

1~9月税収17%増、通年目標の約9割に(10/22)

児童就労問題に着手、英調査団の報告受け(10/22)

米保護主義けん制、ASEMが閉幕(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン