• 印刷する

テイクオフ:世界で異常気象が課題と…

世界で異常気象が課題として挙げられているが、韓国も例外ではない。夏と冬が長くなり春と秋はどんどん短くなっている。

韓国気象庁が8月に発表した「韓国100年間の気候変化」によると、韓国の年間平均気温が12.6度から14.0度に1.4度上がったという。1980年代の年間の平均雨雪量は1,181ミリだったが、昨年1,306ミリに増加した半面、雨や雪が降った日数は78.1日と同期間で1.6日の伸びにとどまったことから、梅雨の期間は短くなり1日に降る雨の量が多くなったことが分かる。

一方、地球温暖化による異常気象によって韓国は今年の冬も寒波が来るとの予測が出ている。昨年、氷点下10度を下回る厳しい寒さが続いた。あれ以上の寒波か来るかどうかは分からないが、最近の「殺人的」な気候をみると、冬の到来が心配でならない。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スマート工場を3万カ所構築 政府主導、中小企業が対象(12/14)

カカオ、相乗りサービス開始を無期延期(14:09)

11月の新規車両登録は5%減 乗用車と商用車が2桁のマイナス(12/14)

現代自、世代交代を加速 鄭副会長体制に移行へ(12/14)

11月の輸入物価指数、6.0%上昇(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

上場企業1~9月期売上高、46%が減少(12/14)

韓国主要企業の売上高、12年ピークに停滞(12/14)

韓国ジオモーターズ、電動バイク生産へ(12/14)

R&D投資額で世界1位、サムスン電子(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン