• 印刷する

テイクオフ:タイの西のはずれにある…

タイの西のはずれにある、タイ人のチャーリーさんの家を訪れた。廃材を使った揺り椅子に、スマートフォン置き場。キッチンのシンクは水がめを応用したものと、オープンエアのリビング・ダイニングには、チャーリーさんお手製の品々が並ぶ。

「外国人と話せる英語を身につけてもらいたい」と会話を重視した子ども向けの英会話教室を開いていて、人なつっこい子どもたちが、会話をしようと近寄ってくる。毎週末に誰でも参加可能なパーティーを開いていると言い、滞在中も多くの人があいさつに訪れた。チャーリーさんを介した人の輪が広がっているようだった。

英会話に来ていた女の子に将来は何をしたいのか聞くと、答えは「地元で何かしたい」。バンコクへのあこがれを想像していたこちらをよそに地元愛を語る姿に、チャーリーさんの願いが成就したのを見た気がした。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の国境輸出0.8%減 ゴム下落、通年でも低調の見通し(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

三重県知事、かんきつの輸入規制緩和を要請(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

塗料イーソン、自動車組み立て新会社に出資(11/16)

PTT、冷蔵施設開発を取締役会で協議へ(11/16)

ロジャナ、不動産開発の新会社2社設立(11/16)

不動産チワタイ、毎年8件以上に着手方針(11/16)

カイディー、不動産売買サイト立ち上げ(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン