• 印刷する

テイクオフ:タイの西のはずれにある…

タイの西のはずれにある、タイ人のチャーリーさんの家を訪れた。廃材を使った揺り椅子に、スマートフォン置き場。キッチンのシンクは水がめを応用したものと、オープンエアのリビング・ダイニングには、チャーリーさんお手製の品々が並ぶ。

「外国人と話せる英語を身につけてもらいたい」と会話を重視した子ども向けの英会話教室を開いていて、人なつっこい子どもたちが、会話をしようと近寄ってくる。毎週末に誰でも参加可能なパーティーを開いていると言い、滞在中も多くの人があいさつに訪れた。チャーリーさんを介した人の輪が広がっているようだった。

英会話に来ていた女の子に将来は何をしたいのか聞くと、答えは「地元で何かしたい」。バンコクへのあこがれを想像していたこちらをよそに地元愛を語る姿に、チャーリーさんの願いが成就したのを見た気がした。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(03/22)

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン