テンセント、微信支付で仮想通貨取引禁止

深セン市に本拠を構えるインターネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)はこのほど、仮想通貨の発行を装った出資詐欺に対処するため、同社の決済アプリ「微信支付(ウィーチャットペイ)」のアカウントを業者が仮想通貨代金の受け取りに使用することを禁止した。同時に、これ…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 金融IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

南部特区、3カ国事業を強調 日本の「本気度」問われる展開も(01/19)

中国製のワクチン接種、首相が第1号に(01/19)

テイクオフ:今年も5~6%の賃上げ…(01/19)

20年のGDP2.3%増 コロナ下でプラス成長達成(01/19)

華為が台北の旗艦館を閉鎖、台湾撤退か(01/19)

12月の主要経済指標、消費の伸び鈍化(01/19)

工業設備稼働率、4Qは78.0%に上昇(01/19)

コロナワクチン、大手私立病院も購入準備(01/19)

中朝貿易が過去20年で最低、前年比8割減(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン