• 印刷する

コンビニCUがモンゴル進出、まず6店舗

韓国のコンビニエンスストア大手「CU」を運営するBGFリテールは23日、モンゴルの首都ウランバートルにCUのモンゴル1~6号店を同時オープンしたと発表した。

同社は4月に、モンゴルの建材供給最大手グループ子会社の流通会社とマスターフランチャイズ契約を結び、出店を準備してきた。

CUの6店舗は、店舗内で調理した韓国式のトーストやホットドック、のり巻き、弁当、モンゴル式の揚げギョーザなどを食べられるスペースを設けた。入れたてのコーヒーも飲める。

また、モンゴルでの韓流ブームを踏まえ、韓国商品のコーナーを設置し、品ぞろえを強化する。韓国で一般的な軽食類やデザートのほか、CUのプライベートブランド(PB)、若い女性に人気の化粧品などを取りそろえる計画だ。


関連国・地域: 韓国モンゴル
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者、9カ月ぶりに600人超(12/04)

ソウル市が防疫強化、スーパー営業9時まで(12/04)

【ウィズコロナ】流通業がライブコマースに注力 多様な商品群、中小の活路にも(12/04)

コロナ感染者540人、2日連続で500人超(12/04)

21年の歳出558兆ウォン、国会で予算案可決(12/04)

11月末の外貨準備高、98.7億米ドル増(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

韓国富士通、米社の品質向上ソフトを発売(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン