• 印刷する

賓仕国際の日本チーズケーキ店、全店閉鎖へ

香港で台湾系中国茶専門店「天仁茗茶」などを運営する賓仕国際(B&Sインターナショナル)は20日、香港で展開する福岡発の「てつおじさんのチーズケーキ」ブランドの全3店を閉店すると発表した。来年2月には閉店を完了する見通し。

香港島コーズウェーベイ(銅鑼湾)店と新界・将軍澳店は今月中に閉店する予定で、賃貸借契約中の店舗は別の小売事業で使用する。九龍・旺角店は来年2月に賃貸借契約が切れるまで営業する。同社は閉店の決断について、事業の業績が同社全体の業績や展望に与えるマイナスの影響を考慮したと説明した。

賓仕国際によると、2018年3月期本決算での同事業の売上高は全体の1.7%に当たる760万HKドル(約1億700万円)となった。減収と運営費の高さが響き、約10万HKドルの営業損失を計上した。今年4~6月の売上高は全体の1.1%に当たる140万HKドルとなり、前年同期比12.5%減少した。同期の営業損失は40万HKドルで、損失額は前年同期から4倍に拡大した。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中華圏のコンサートツア…(01/22)

住宅下落継続も好転の兆し 一定幅値下がりで春に底打ちか(01/22)

週末住宅取引、新築は10カ月ぶり多さ(01/22)

上環のオフィス、スタートアップに人気(01/22)

日系イベント情報(1月2回目)(01/22)

大湾区が小売企業の商機に、利豊研究センター(01/22)

外食の太興、香港・本土に100店新設へ(01/22)

JR西日本と日本旅行、地場GOQUOに出資(01/22)

華潤電力、大湾区の新エネ事業に投資へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン