• 印刷する

賓仕国際の日本チーズケーキ店、全店閉鎖へ

香港で台湾系中国茶専門店「天仁茗茶」などを運営する賓仕国際(B&Sインターナショナル)は20日、香港で展開する福岡発の「てつおじさんのチーズケーキ」ブランドの全3店を閉店すると発表した。来年2月には閉店を完了する見通し。

香港島コーズウェーベイ(銅鑼湾)店と新界・将軍澳店は今月中に閉店する予定で、賃貸借契約中の店舗は別の小売事業で使用する。九龍・旺角店は来年2月に賃貸借契約が切れるまで営業する。同社は閉店の決断について、事業の業績が同社全体の業績や展望に与えるマイナスの影響を考慮したと説明した。

賓仕国際によると、2018年3月期本決算での同事業の売上高は全体の1.7%に当たる760万HKドル(約1億700万円)となった。減収と運営費の高さが響き、約10万HKドルの営業損失を計上した。今年4~6月の売上高は全体の1.1%に当たる140万HKドルとなり、前年同期比12.5%減少した。同期の営業損失は40万HKドルで、損失額は前年同期から4倍に拡大した。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

香港CKI、豪とNZの農地資産拡大を計画(09/25)

深セン華強、SKハイニックス代理店に出資(09/25)

【労働法最前線】台湾・香港・マカオ人員就業証廃止の影響(09/25)

テイクオフ:友人の家には2匹の猫が…(09/24)

高鉄が小売り・飲食にプラス 滞在時間延長で、HKTDC(09/24)

広深港高鉄の香港区間開通、本土へ次々出発(09/24)

中国職員の法執行に抗議、民主派=高鉄巡り(09/24)

燃油付加費徴収の規制撤廃、民航処(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン