• 印刷する

カールスバーグ、SSTでビール消費低下も

デンマーク系ビール大手カールスバーグ・ブリュワリー・マレーシアのラース・リーマン社長は、9月に導入予定のSST(売上・サービス税)が、ビール消費にマイナスの影響を与えるとの見通しを示した。11月に発売される2019年度国家予算案では、物品税を増税しないように要請している。

1~6月期の決算発表で明らかにした。17日付スターよると、同社長はビールの売上税に10%が適用されれば、卸業者や消費者への価格転嫁は否めないとの見解を示した。GST(消費税)の撤廃とSSTの導入に合わせてビールの密輸が増えないように、税関局の取り締まり強化を求めると強調している。予算案での物品税が引き上げられれば、密輸が拡大し政府が税収を失うことになると警告した。特に東マレーシアのサバ、サラワク2州で密輸品が横行しているという。

1~6月期の売上高は前年同期比7.5%増の9億6,390万リンギ(約260億円)、純利益は12.8%増の1億4,470万リンギだった。マレーシア事業の売上高は16.9%増の6億8,460万リンギ、営業利益は25.2%増の1億3,950万リンギ。シンガポール事業の売上高が10.3%減の2億7,940万リンギ、営業利益は38.4%減の4,040万リンギとなっている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近雨が多くなってきた…(11/15)

テイクオフ:マレー系の友人から「七…(11/15)

IT市場、19年は4.6%増予測 世界平均上回る伸び(11/15)

IHI、パーム廃棄物の燃料加工で子会社(11/15)

RM=27.1円、$=4.19RM(14日)(11/15)

ペトロナス子会社、ユーロ5軽油増産へ(11/15)

ナイムとガムダ、サラワク海岸高速受注狙う(11/15)

包装サイエンテックス、ダイボチ株42%取得(11/15)

サンウエー建設、ベロシティー2で工事受注(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン