住民が未来にかける思い 世界遺産目指し変わるバガン(下)

ミャンマー中部の遺跡都市バガンを訪れる観光客の数は、民政移管した2011年から右肩上がりとなっており、16年には国内外から約59万人が訪れた。20年には16年比で4割増の100万人に達するとの予測もあり、生活の変化は必至だ。新たな規制への戸惑いが相次ぎ、行政側も試行錯誤が続く…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

後発3カ国の対日輸出8.7%増 19年、堅調な中に新たな課題も(02/18)

新型肺炎、観光業や製造業に幅広く打撃(02/18)

肺炎影響で中国系縫製工場閉鎖、千人が失職(02/18)

中部マグウェー60カ村、全国送電網に接続(02/18)

タイとの国境貿易、交通協定などで増加期待(02/18)

ヤンゴンで公立校が不人気、昨年7校が閉鎖(02/18)

新内相、幼児虐待事件の捜査で誤り認める(02/18)

武漢から帰国の学生59人、隔離終え帰宅(02/18)

世界遺産バガンで外国人ポルノ撮影、被害届(02/18)

タイビバ、10~12月は国内好調で増収増益(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン