• 印刷する

鄭州でアフリカ豚コレラ、加工施設を閉鎖

中国農業農村省は16日、黒竜江省チャムス市から河南省鄭州市の食肉加工施設に送られたブタがアフリカ豚コレラに感染していたことを確認したと発表した。鄭州市政府は感染発生を受け、施設を6週間封鎖し、ブタやその他アフリカ豚コレラに感染しやすい動物、食肉など関連製品の搬入や搬出を禁じている。中国国内でアフリカ豚コレラの発生が確認されたのは、今月初めの遼寧省瀋陽市以来、2例目。

発表によると、鄭州市経済開発区にある食肉加工施設で14日、チャムス市から送られてきたブタ260頭のうち30頭が死んだ。当初は死因が分からなかったが、中国動物衛生流行病学センターによって、アフリカ豚コレラに感染していたことが確認されたとしている。同省は直ちに緊急対策チームを河南省と黒竜江省に派遣した。

新浪財経の16日付報道によると、この食肉加工施設は中国食肉加工最大手、双匯集団傘下の鄭州双匯食品の施設。鄭州市政府は同日から6週間、この施設を封鎖する措置を取った上、同施設から半径3キロメートルの範囲を汚染地域、汚染地域の外縁から10キロの範囲を警戒地域にそれぞれ指定した。封鎖期間中、同施設に出入りする人や車両、物は全て強制消毒の対象。ブタなどは搬入も搬出も禁じられた。

農業農村省は、現時点で感染拡大は抑え込めていると説明した。

アフリカ豚コレラ禍を受け、双匯集団傘下で深セン証券取引所に上場している河南双匯投資発展の株価は16日、ストップ安となった。


関連国・地域: 中国-河南
関連業種: 医療・医薬品農林・水産金融社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

水源地の汚染問題、40都市が未解決(12/14)

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

【改革開放40年】(1)開かれた扉 黎明期の日本企業と日本人(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

商務省、米国車の関税など「近く公表」(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン