• 印刷する

ルピー最安値、政府は問題視せず

トルコと米国の関係悪化を背景に、インドの通貨ルピーの対米ドル相場が史上最安値を更新し、14日に節目の70ルピー(約111円)を超えた。財務省経済局(DEA)のガルグ局長は外部要因が理由として、問題視しない立場を示している。ビジネス・スタンダード(電子版)が15日に伝えた。

ガルグ局長は一方で、インド準備銀行(中央銀行)がルピーを下支えするため、230億米ドル(約2兆6,000億円)規模の介入に踏み切ったことを明らかにした。ただ、同局長は強気な見方を崩さず、ルピーの下落が続いて80ルピーを超えた場合も、「他の通貨も同様に下がっているなら、懸念材料とはならない」と語った。

ルピーを取り巻く状況は他の通貨と比べれば悪くないとされているため、政府は下落を「一時的な現象」とみているという。


関連国・地域: インド
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:一時帰国がてら、神保町…(11/14)

オディシャで事業可能性探る 州が日系誘致、専用工業団地も(11/14)

ベダンタ、オディシャで1500億ルピー投資(11/14)

現代自、南部工場拡張に700億ルピー投資(11/14)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(342)(11/14)

二輪ロイヤル、南部工場のストライキが収束(11/14)

マヒンドラ、SUVスコーピオの新型投入(11/14)

洗車の王国、来年初頭にスリランカ進出(11/14)

プリンス傘下の豪ホテル、南部コーチで開業(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン