• 印刷する

上場航空4社、1~6月はおおむね業績回復

タイ証券取引所(SET)上場の航空会社4社の2018年上半期(1~6月)決算(監査前)は、合算の純利益が8,700万バーツ(約2億9,000万円)だった。マレーシア系格安航空会社(LCC)のタイ・エアアジアの持ち株会社アジア・アビエーションが減益となったものの、その他3社は赤字額の圧縮などで業績を改善させた。

合算の売上高は前年同期比7.3%増の1,465億9,000万バーツ。アジア・アビエーションをはじめ全4社が増収だった。アジアは、第1四半期に2桁の増収増益を達成したものの、第2四半期は原油高による燃料コストの上昇と競争激化に伴う平均航空券価格の5%引き下げなどにより赤字となり、1~6月では5.8%の減益だった。

バンコク・エアウェイズは、空港関連事業が好調だったほか、為替差益も膨らんだ。タイ国際航空とLCCのノック・エアラインズは、乗客数の増加やメンテナンスコストの削減などで赤字幅が縮小した。

乗客数は、タイ航空が1.9%減の1,216万人、アジアが14.7%増の1,095万人、バンコク・エアが3.6%増の302万人、ノック・エアが7.3%増の472万人だった。


関連国・地域: タイマレーシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイ国鉄、複線化事業に向け1900人増員(14:19)

テイクオフ:学校に制服は必要か――…(01/17)

バンコクで大気汚染が悪化 バイオ燃料利用促進、工場検査も(01/17)

アウディ、BOIに電動車工場の設置申請(01/17)

18年の完成車輸入、16%減の8.2万台(01/17)

レムチャバン港入札、応札期限を1カ月延長(01/17)

サムスン、スマート家電強化で2桁増収目標(01/17)

EGCO、韓国パジュエナジーへの出資完了(01/17)

窯業向け原料供給センター、ランパンに開設(01/17)

じゅうたんTCM、19年売上目標は340億円(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン