• 印刷する

《知財》ECの知財侵害、当局が取り締まり強化

中国国家知的財産権局は8日、電子商取引(EC)分野の知的財産権侵害に対する取り締まりを強化すると発表した。中国ECサイトによる模倣品の販売が問題となっており、8月から4カ月間にわたって取り組みを展開する。

取り締まりは、取引量が多く、社会的に注目度の高いネット通販事業者に対して特に力を入れて実施する。主要なネット通販事業者の知財保護の取り組み状況や問題点について全面的な調査を行い、特に社会的な影響が大きいと考えられる知財侵害事案について取り締まりを強める。模倣品を生産している工場などを見つけ、流通網を断つことも目指す。

中国ではこのほど、ECサイト「ホウ多多(ホウ=手へんに并)」で深セン市のテレビメーカー大手、創維数碼控股(スカイワース・デジタル・ホールディングス)製品の模倣品が大量に出回っている問題が発覚。同サイトは消費者から品質問題や偽物の販売、返金の拒否といった苦情が多いことも指摘されていた。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

水源地の汚染問題、40都市が未解決(12/14)

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(12/14)

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

【改革開放40年】(1)開かれた扉 黎明期の日本企業と日本人(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

商務省、米国車の関税など「近く公表」(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン