KL2千万人都市なら高収益 高速鉄道の採算性を試算

マハティール新政権の下で“棚上げ”となったクアラルンプール(KL)―シンガポール間を結ぶ高速鉄道(HSR)計画について、沿線の不動産開発や駅舎での小売りといった副業を伴わない、単独の「鉄道事業」としては収益環境が厳しいとの分析がある。南洋工科大学(シンガポール…

関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:すき焼きとしゃぶしゃぶ…(09/25)

東海岸鉄道、中国企業「中止ではない」(09/25)

RM=27.2円、$=4.13RM(24日)(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

マレーシア航空、燃油サーチャージを復活(09/25)

配車サービスの規制強化で運転手登録減少(09/25)

ス州の水不足解消、無収水対策などが不可欠(09/25)

トリナソーラー、太陽光発電の導入増に期待(09/25)

若年高所得層、高価格帯スマホにシフト(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン