KL2千万人都市なら高収益 高速鉄道の採算性を試算

マハティール新政権の下で“棚上げ”となったクアラルンプール(KL)―シンガポール間を結ぶ高速鉄道(HSR)計画について、沿線の不動産開発や駅舎での小売りといった副業を伴わない、単独の「鉄道事業」としては収益環境が厳しいとの分析がある。南洋工科大学(シンガポール…

関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近雨が多くなってきた…(11/15)

テイクオフ:マレー系の友人から「七…(11/15)

IT市場、19年は4.6%増予測 世界平均上回る伸び(11/15)

IHI、パーム廃棄物の燃料加工で子会社(11/15)

RM=27.1円、$=4.19RM(14日)(11/15)

ペトロナス子会社、ユーロ5軽油増産へ(11/15)

ナイムとガムダ、サラワク海岸高速受注狙う(11/15)

包装サイエンテックス、ダイボチ株42%取得(11/15)

サンウエー建設、ベロシティー2で工事受注(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン