• 印刷する

国民IDに7割以上が賛成、SWS調査

フィリピンのドゥテルテ大統領が6日署名したフィリピン身分証明制度法に規定されている国民ID(身分証明書、Phil―ID)の発行について、国民の73%が賛成であることが、民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)の調査で分かった。

調査は6月27~30日に全国の成人1,200人を対象に対面形式で実施。その結果、賛成は「どちらかといえば賛成」を合わせて73%、反対は「どちらかといえば反対」を合わせて18%だった。

「国民IDは自分に役立つか」との問いには、「役立つ」が86%、「役立たない」が13%。「国民IDの個人情報保護で政府を信頼できるか」との問いには、「信頼できる」が61%、「信頼できない」が8%。「政府が反政府主義者対策に国民IDを利用しないと信頼できるか」との問いには、「信頼できる」が49%、「信頼できない」が13%だった。

地域別では、マニラ首都圏で国民IDへの賛成が多く(賛成77%、反対18%)、これに首都圏を除くルソン(賛成76%、反対18%)、ビサヤ(賛成68%、反対15%)、ミンダナオ(賛成68%、反対21%)と続いた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米ハネウェル、首都圏に新オフィス開設(15:54)

クラーク新都市の水道、ビリヤル連合と契約(15:53)

テイクオフ:一時帰国を前に、毎回や…(12/19)

日比EPA見直し来年妥結か 日本は完成車関税5%を要求(12/19)

配車サービス、新規登録2万台の募集開始(12/19)

韓国の起亜自動車、来年は販売1万台目標(12/19)

環境天然資源省、マニラ湾でも環境改善実施(12/19)

18日為替:$1=53.070ペソ(↓)(12/19)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(347)(12/19)

アヤラランド、300億円でミ島北部に複合開発(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン