• 印刷する

最古のドゥシット動物園、8月末で閉園へ

タイで最古の歴史を持つドゥシット動物園は8月31日に閉園する。バンコク北郊パトゥムタニ県で再開業するまで、動物は一時的に他の動物園に引き取られる。バンコクポスト(電子版)が8日伝えた。

新しい動物園の敷地面積は現行比3倍の3,000ライ(480万平方メートル)。土地はワチラロンコン国王から寄贈された。

動物は移転の準備が整うまで北部チェンマイなど国内6カ所の動物園に引き取られる予定。詳細は14日に発表される。

ドゥシット動物園は1938年に開園。約1,000頭の動物を保有している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(10/23)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(10/23)

インドネシアの自動車部品企業、福岡で商談会(10/23)

サムスン、タイの大型石油プラント受注(10/23)

テイクオフ:美容大国タイ。どんなも…(10/22)

タイを日本人起業家の拠点に 日本政府が本腰、財閥と提携支援(10/22)

LINE、クラウドソーシング企業に出資(10/22)

四国電力、タイでEV製造のFOMMに出資(10/22)

CRCタイワサドゥ、カーケア事業に参入(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン