準高速鉄道、国産部品の利用で日本と交渉へ

インドネシア政府は、日本が支援する首都ジャカルタと東ジャワ州スラバヤ間の鉄道準高速化事業において、国産部品を利用することで日本政府と交渉する方針だ。現地調達率の引き上げや外貨の節約が狙い。8日付コンタンが伝えた。 ユスフ・カラ副大統領は、事業が始まっていないこ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 運輸政治


その他記事

すべての文頭を開く

阪急阪神、プラザインドネシアと協力覚書(21:26)

輸出入の電子システム、1月から一斉運用(21:27)

ボゴール植物園、18日から営業再開(21:29)

テイクオフ:「もういくつ寝ると」ク…(12/19)

イオン、ゴジェックと提携 配送や電子決済などで客層拡大(12/19)

東急不動産の分譲マンション、来年1月販売(12/19)

JCB、国営マンディリ銀とクレカ発行(12/19)

東洋エンジ、日本触媒の石化プラント受注(12/19)

国際協力銀、石化大手に協調融資1.7億ドル(12/19)

三菱自、小型ピックアップを無償点検・修理(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン