• 印刷する

阪急阪神不動産、タイで5件目のコンド開発

「ニッチ・モノ・チャルーン・ナコーン」の完成イメージ(阪急阪神不動産提供)

「ニッチ・モノ・チャルーン・ナコーン」の完成イメージ(阪急阪神不動産提供)

阪急阪神不動産(大阪市)は7日、タイで5件目となるコンドミニアム(分譲マンション)「ニッチ・モノ・チャルーン・ナコーン」を開発すると発表した。過去4事業と同様に住宅開発のセナ・デベロップメントと手掛ける。2020年12月に完工する見通し。同社のタイにおけるマンション事業への参画戸数は4,200戸を突破した。

ニッチ・モノ・チャルーン・ナコーンはバンコク西部トンブリに位置。敷地面積は約5,547平方メートルで、537戸を開発する。平均販売価格は約330万バーツ(約1,120万円)とする予定で、総売上高は17億バーツの見通し。開発地は、バンコク中心部への通勤や商業施設・病院が近い利便性に加え、チャオプラヤー川を臨む景観も魅力だという。

阪急阪神不動産はこれまでにコンドミニアム4件の開発を発表。2件が販売中で、このうち「ニッチ・モノ・スクンビット・ベアリング」は19年に完工する予定。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

AIS、電波の追加取得でサービス強化へ(13:54)

テイクオフ:バンコクの歩道は、「ス…(08/21)

4~6月のGDPは4.6%増加 民間消費が伸び、農業生産も回復(08/21)

7月の産業景況感93.2、5年ぶり高水準(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

7月の車生産台数15%増、通年目標を引上げ(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

7月の車輸出0.2%増、アジア向け好調(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

物流整備へ短長期プロジェクトの選定急ぐ(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン