• 印刷する

テイクオフ:世界4大ミスコンテスト…

世界4大ミスコンテストの一つ、ミス・ユニバースの2018年シンガポール大会のファイナリストがお披露目された。選ばれた15人のバックグラウンドはさまざま。今年はこれまで以上に「美の基準」が変わってきていることが分かる結果となっている。

15人のうち1人は、現役ボディービルダーのタイエン・ラジフさん。120キログラムの重量挙げもこなすほか、過去1年間に4つのボディービルの大会で勝利を収めている。

ミス・ユニバースは昔に比べ、内面の美しさがより重視されるようになっている。ラジフさんは「美しさは外見だけでは決まりません。鍛えた健康な体でいることは、健全な精神を持つことにもつながります」と話しているそうだ。他にも教育格差是正に取り組む先生や途上国の児童支援を行っている研究者なども最終候補に。同性の身としては、大変喜ばしい選考結果だ。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:鉄格子といった柵がなく…(10/17)

オン・オフライン融合の新店舗 国内初、オネストビーが開業(10/17)

日本へのMICE誘致、JNTOがイベント(10/17)

JBCC、シンガポール子会社を清算(10/17)

NETS、オンライン請求・集金サービス導入(10/17)

スターハブ、インフラ共有でM1と合意間近(10/17)

企業庁、インダストリー4.0の標準マップ開発(10/17)

企業庁と経済開発庁、独政府系VCと提携(10/17)

民間住宅価格、来年は8%上昇=モルガン(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン