• 印刷する

チャットの対米ドル為替レート、最安値に

ミャンマー中央銀行が発表する通貨チャットの参考レートが3日、1米ドル=1,431チャット(約109円)の最安値を記録した。輸出の伸び悩みと外国直接投資(FDI)の停滞で米ドル需要が高まり、チャットの価値が低下し続けている。

商業省によると、4月1日~7月20日の輸入額は60億米ドル(約6,676億円)、輸出額は48億米ドルで、貿易収支は約12億米ドルの赤字だ。

ミャンマー投資委員会(MIC)が認可する17年度(17年4月~18年3月)の外国投資額は約57億1,800万米ドルで、前年度に比べ14%減少。2年連続の前年度割れとなった。18年4~6月の外国直接投資(FDI)は認可ベースで3億9,487万米ドル(約443億6,900万円)で、昨年実績と比較しても低調だ。

ミャンマー・タイムズ(電子版)によると、中銀総裁室のウィン・トー室長は「米ドルの変動を十分に制御できていない」と説明。同室長は「輸出収入とFDIが増えれば、市場に十分な米ドルが供給されるため為替レートが安定する」と述べた。

チャット安は輸出に有利ともなるが、国内の事業者は、日用品や原材料の輸入コストが上昇し、輸出品の需要増加を相殺している。

中銀は、為替レートの急激な変動を避けるため、参考レートを毎日更新している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン―ピー線の改修工事、年初に入札へ(17:43)

ヤンゴン開発への仏融資、連邦議会で否決(17:43)

日本支援の多目的港が完成 ティラワ、貨物増で今後も拡張(12/17)

台湾BenQ、ミャンマーで大型投資検討(12/17)

テレノール、欧州信用情報サービスと提携(12/17)

災害リスク保険、日本や後発3カ国が覚書(12/17)

鉄鋼需要が年12%成長、国内生産追いつかず(12/17)

国内初の信用調査機関、19年末の稼働目指す(12/17)

採掘免許の申請増、大半が不備で受理されず(12/17)

インド支援の農業教育研究センターが開所(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン