1~6月の対日輸出18%増 後発3カ国、特恵関税を活用

東南アジア諸国連合(ASEAN)の後発国であるミャンマー、ラオス、カンボジアの対日輸出が拡大している。日本貿易振興機構(ジェトロ)がまとめた資料によると、2018年1~6月は3カ国合計で前年同期比18.2%増の13億3,800万米ドル(約1,490億円)だった。後発国に付与される…

関連国・地域: ミャンマーカンボジアラオス
関連業種: 繊維農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

7社にハラル認証付与 商業省、食品製造・飲食店に(10/18)

カンボジアの競争力、110位に後退(10/18)

1~9月の建設認可48億ドル、建設省(10/18)

EU、越との木材協定は合法貿易促進(10/18)

格差縮小指数121位に後退、オックスファム(10/18)

クラチエ州、村の違法金採掘を警告(10/18)

カンボジアとタイ、海洋観光で協力(10/18)

観光業界、インドネシアとの直行便要望(10/18)

世界遺産地区に巨大リゾート 米系ソンサー、2.5億ドル投資(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン