• 印刷する

ゴジェック、ベトナムでのサービス開始

インドネシアの配車アプリ大手ゴジェックがベトナムで展開する「ゴーベト(Go―Viet)」が1日、ホーチミン市でサービスを開始した。バイクと配送のサービスから開始する。VOVニュースが伝えた。

ホーチミン市1~7区と10~11区、タンビン、フーニャン、ビンタンの各区でサービスを開始する。バイクタクシーの「ゴー・バイク」と配送サービス「ゴー・センド」を提供。アプリは「グーグル・プレイ」と「アイチューンズ・ストア」でダウンロードが可能となっている。

ゴジェックは、7月18~25日に500人を対象に試験運行を実施。利用者から良好な反応を得たことで、サービス開始に踏み切った。同社はベトナムやタイ、シンガポール、フィリピンでのサービス開始のため5億米ドル(約560億円)を投じる方針。グーグルや米投資会社ウォーバーグ・ピンカス、中国のインターネットサービス大手の騰訊(テンセント)などから資金を調達している。


関連国・地域: ベトナムインドネシア
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ビンズオン省のFDIが好調 外資誘致の恩恵、省の対応が好評(12/19)

日産、タンチョンとの合弁を来年9月に解消(12/19)

バンコク航空、来年1月にカムラン線就航(12/19)

ダナン、30年までに運輸インフラに14兆ドン(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

韓越企業が提携、南部に複合ビル建設で(12/19)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(347)(12/19)

アスコット、ビンズオンにサービスアパート(12/19)

三栄建築設計、不動産ネットランドと提携(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン