• 印刷する

スームサン、熊本で太陽光発電所が稼働

タイの太陽光発電会社スームサン・パワーは1日、熊本県で太陽光発電所「ゾウエン・プロジェクト」の商業稼働を開始した。出力は8,000キロワット(kW)。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、九州電力向けに、固定価格買い取り制度(FIT)に基づき1キロワット時(kWh)当たり36円で販売する。契約期間は20年。

スームサンは、合同会社に投資家が匿名組合契約の形式で出資する「GK―TKスキーム」を通じて100%を出資した。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

タイ系石油PTT、来年30カ所以上に給油所(18:41)

テイクオフ:ミャンマー国境に近い北…(12/17)

交通事故死、依然アジア最悪 二輪事故の対策課題=WHO調査(12/17)

19年も景気・通貨安定=三井住友銀セミナー(12/17)

日タイでASEAN議長国就任記念セミナー(12/17)

西鉄、総事業費72億円のコンド開発へ(12/17)

住宅アナンダ、三井不動産と合弁で新コンド(12/17)

パナソニック、タイで住宅事業参入を検討(12/17)

空港高速鉄道入札、CP連合が安値を提示(12/17)

タイ湾のガス田入札、PTTEPが落札(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン