• 印刷する

韓国企業の工業団地建設など認可=投資委

ミャンマー投資委員会(MIC)は7月31日までに開いた投資認可会合で、韓国のテクワン(Taekwang)・インダストリアルのミャンマー法人がバゴー管区で手掛ける工業団地の建設・運営・リース業など6件の投資申請を認可した。

ミャンマー投資法に基づき、投資申請6件の認可とともに、税制上の優遇措置や土地の長期リースを認める恩典(エンドースメント)を2件付与した。投資案件、恩典の付与はいずれも26日付。

恩典付与には、不動産開発モッタマ・ホールディングス傘下企業がヤンゴン管区で進めるコンテナ、カーゴ積み降ろし設備、倉庫事業が含まれた。

MICの事務局である投資企業管理局(DICA)の発表によると、雇用創出見込み数は投資認可案件が計968人、恩典案件が計214人。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

スーパーホテルがSEZ進出 「おもてなし」で出張者取り込み(03/19)

ミッソンダム事業中止に向け全国組織設立へ(03/19)

政府、デジタル経済ロードマップを発表(03/19)

住友倉庫、ヤンゴンに駐在員事務所(03/19)

香港上海大酒店、21年に英でホテル開業(03/19)

三井住友建設など、バゴー橋建設を受注(03/19)

安藤ハザマなど、カイン州の橋架け替え受注(03/19)

コショウ輸出最大手セラ、日本に近く初出荷(03/19)

ジーニアスコーヒー農園、3.5万エーカーに(03/19)

1人当たり所得、今年は6.3%増=副大統領(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン