CO2排出量0.8%減、省エネ寄与=19年度試算

【共同】2019年度のガソリンや発電などエネルギー由来の二酸化炭素(CO2)の排出量が18年度見込みに比べ0.8%減となることが30日、日本エネルギー経済研究所の試算で分かった。減少は6年連続。企業や家庭の省エネに加え、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの増加が寄…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

江丙坤氏が死去、日本との経済交流に尽力(20:11)

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

テイクオフ:「あれ、おかしい。水が…(12/11)

NTTがAIで都市安全に、海外事業1千億円超(12/11)

中小のアジア進出に一層注力 地銀と連携強化も=商工中金社長(12/11)

楽天が携帯基地局着工、三木谷氏「価格で新風」(12/11)

11月新車販売、2%減の34万台 本年度初のマイナス、商用も減速(12/11)

ちよだ鮨、越で2周年「来年に2店舗目を」(12/11)

初の国産衛星宇宙に、日本留学の博士ら開発(12/11)

SIA、福岡線にボーイング787―10(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン