• 印刷する

7月製造業PMIは51.2、前月比0.3P下落

中国国家統計局と中国物流購買連合会は7月31日、景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が7月は51.2だったと発表した。前月を0.3ポイント下回ったものの、景況判断の節目となる50を24カ月連続で上回った。

企業規模別の製造業PMIは大型企業が52.4、中型企業が49.9、小型企業が49.3。前月比では大型企業と小型企業はいずれも0.5ポイント下落、中型企業は横ばいだった。

国家統計局サービス業調査センターの趙慶河・上級統計師は7月の製造業PMIについて、豪雨や台風、高温といった自然現象のほか、(米国との)貿易摩擦激化、一部業種では生産の閑散期に入ったことが影響し一定の変動があったと説明。ただ製造業全体としては拡大基調が続いているとの見方を示した。

7月は調査対象の21業種のうち、14業種が拡大基調(PMIが50超え)となった。うち製薬業、専用設備製造業、鉄道・船舶・航空機・宇宙関連設備製造業、電気機械製造業のPMIはいずれも53を上回った。

今後の市場見通しを示す生産経営活動予期指数は56.6となり、前月を1.3ポイント下回った。

中国政府の製造業PMIは、3,000社を対象に今後の生産計画などを調査、集計したもの。50を上回ると生産や受注の拡大を、下回ると縮小を意味する。

■非製造業PMIは5カ月ぶり下落

国家統計局と中国物流購買連合会が同日発表した7月の非製造業購買担当者指数(非製造業PMI)は54.0だった。前月を1.0ポイント下回り、5カ月ぶりの下落となった。

業種別ではサービス業が1.0ポイント下落の53.0、建築業が1.2ポイント下落の59.5だった。

非製造業PMIを構成する指数のうち、新規受注は0.4ポイント上昇の51.0、販売価格は0.9ポイント上昇の52.0、雇用は1.3ポイント上昇の50.2だった。今後の市場見通しを示す業務活動予期指数は0.6ポイント下落の60.2となった。

非製造業PMIの調査対象企業数は4,000社となっている。

■総合指数は0.8ポイント下落

今年から公表を始めた、製造業PMIと非製造業PMIを加重平均して算出する総合PMIは、7月は前月比0.8ポイント下落の53.6だった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

過剰生産能力の削減、鉄鋼は目標8割到達(19:10)

イケアがEC全国展開、年内に149都市へ(18:02)

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(16:11)

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

「貯蓄始めた」は半分足らず 若い世代、低い老後への意識(08/17)

中タイ高速鉄道、年内に工事入札へ(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

米中が貿易協議を再開、今月下旬に次官級(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン