• 印刷する

テイクオフ:タイで飲食物のテイクア…

タイで飲食物のテイクアウトと言えば、入れ物は透明なプラスチックの袋で、空気を入れて先端をゴムで結んでいた印象だったが、ここ数年間に外食の宅配などが急速に広がってからは、何度も再利用できそうな箱型のプラスチックの容器を目にする機会が増えた。見栄えが良くなった反面、ゴミの分別が進んでいない当地では、単純にゴミを増やすことになってしまっていると感じる。

一方、プラスチックごみの削減が叫ばれる中、バンコクや主要観光地では、プラスチックの使用削減を図る動きがある。先頃訪れた南部の食堂では、1年前に発泡スチロールの皿だったのが、紙の皿に変わっていた。

ただ皿が紙になり、ペットボトル専用のゴミ箱が設置されても、まだ形だけ。食堂の片付け係が、客が残した残飯と紙とプラスチックを一つのゴミ袋に入れるのを見て、ため息が出た。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タイ人の海外旅行が旺盛に 日本人気続く、LCC拡充後押し(04/19)

スワンナプーム空港の第3滑走路計画を承認(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

グラブ、新政権での配車アプリ合法化に期待(04/19)

タイ―カンボジア鉄道、22日に運行の調印式(04/19)

Bオート、日系エアロパーツの販売権取得(04/19)

住友林業、トンロー地区の高級コンドを販売(04/19)

台湾マツダ、修理済み車両不具合で再リコール(04/19)

発電ラチャブリ、「RATCH」に社名変更(04/19)

ラチャブリ、西部発電所2基の開発計画提出(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン