• 印刷する

テイクオフ:タイで飲食物のテイクア…

タイで飲食物のテイクアウトと言えば、入れ物は透明なプラスチックの袋で、空気を入れて先端をゴムで結んでいた印象だったが、ここ数年間に外食の宅配などが急速に広がってからは、何度も再利用できそうな箱型のプラスチックの容器を目にする機会が増えた。見栄えが良くなった反面、ゴミの分別が進んでいない当地では、単純にゴミを増やすことになってしまっていると感じる。

一方、プラスチックごみの削減が叫ばれる中、バンコクや主要観光地では、プラスチックの使用削減を図る動きがある。先頃訪れた南部の食堂では、1年前に発泡スチロールの皿だったのが、紙の皿に変わっていた。

ただ皿が紙になり、ペットボトル専用のゴミ箱が設置されても、まだ形だけ。食堂の片付け係が、客が残した残飯と紙とプラスチックを一つのゴミ袋に入れるのを見て、ため息が出た。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

年末年始、慎重な支出続く 官民が消費喚起も伸びは4%見込(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

ビッグC、データ分析でニールセンと提携(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

沖縄の商社、地場輸入卸と資本業務提携(12/14)

ディーン&デルーカ、仏ラガルデールにFC(12/14)

19年は電動車の販売増加=カシコンリサーチ(12/14)

イタルタイ、タダノのトラッククレーン発売(12/14)

サイアムセメント、バングラに合弁設立(12/14)

通信トゥルー、電子決済企業の保有株を売却(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン