• 印刷する

テイクオフ:アジアやアフリカ、欧州…

アジアやアフリカ、欧州などの各地で先週末、皆既月食が観測された。シンガポールでこの天体ショーを見ることができる機会は今年2回目。1月末の前回は個人的な事情で、欠けていく途中までしか見ることができず、少々心残りだった。今回は深夜から早朝にかけての時間帯だったが、週末ということもあり、夜更かしすることにした。

午前1時15分頃から徐々に月が欠け始め、同3時半には全体が薄暗い赤色に。神秘的な美しさに息をのみ、望遠レンズを装着した一眼レフのシャッターを夢中で切った。ちょうど、わが家の窓から見える位置に月があったのも、真夜中の天体観測には都合が良かった。

折しも日本では台風12号が接近。九州や沖縄など一部の地域を除き、観測にはあいにくの天気となってしまったようだ。当地で次に皆既月食が見られるのはおよそ3年後。また、その日が来るのが待ち遠しい。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本アフリカ欧州
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スーチー氏、19~22日にシンガポール訪問(08/17)

ベストエンプロイヤーに7社 DBS銀など、エーオン調査(08/17)

武蔵野銀、さいたま市の企業の展示会出展支援(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

銀行融資伸び率、不動産投機抑制などで鈍化へ(08/17)

株価6営業日続落、OCBC銀行は1.4%安(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

訪日シンガポール人、7月は9%増(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

京都の「%Arabica Coffee」が1号店出店へ(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン