印地元紙、パキスタン関係改善に懐疑的見方

【ラホール共同】パキスタン下院選でクリケットの元スター選手イムラン・カーン氏の野党が第1党を確実にしたことに関し、隣国インドの主要紙は27日までに、軍の支援が背景にあったとして「手段を変えたクーデター」などと報じ、両国の関係改善には懐疑的な見方を伝えた。 両国は…

関連国・地域: インドパキスタン
関連業種: メディア・娯楽政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自動車や食品・日用品(…(09/16)

進む日本のインド人採用 難関校で説明会、新興企業にも光(09/16)

ヤマハ、南部工場で3年間の賃金協定を締結(09/16)

米フォード、グジャラートの工場を売却か(09/16)

MGモーター、電動SUVの年内投入を計画(09/16)

アポロタイヤ、新車市場低迷も投資を継続(09/16)

eリキシャ、25年に100万台市場に成長へ(09/16)

配車オラ、カルナタカ州でレンタカー事業(09/16)

11月に車両規制へ、大気汚染対策をナンバーで(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン