メガファースト、ラオスでダム決壊影響なし

発電・資源事業を主力とするマレーシアのメガファースト・コーポレーションは26日までに、ラオス南部アッタプー県で起きたダム決壊事故に関連し、同社が近隣のチャンパサック県のメコン川流域で手掛けるドンサホン水力発電所事業には影響がないとの認識を示した。 メガファースト…

関連国・地域: ラオスマレーシア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フランスで燃料税引き上…(12/12)

テイクオフ:ダイズアメブラチュウア…(12/12)

埋め立てから焼却発電へ ス州、ごみ処理で中国企業と提携(12/12)

RM=27.0円、$=4.18RM(11日)(12/12)

11月の空港利用者、前年同月比4.3%増(12/12)

トップグローブ長時間残業疑惑、強要を否定(12/12)

電力テナガ、インドの水力発電事業に出資(12/12)

プレスタリアンの株急落、政府の契約破棄で(12/12)

11月のパーム原油生産、前月比6%減(12/12)

フェルダ改革白書、国会提出は19年に延期(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン