ラオスのダム決壊、事業主体「責任果たす」

ラオス南部アッタプー県で23日に決壊したダムの事業主体、セピアン・セナムノイ・パワーの幹部は、同社として被害者らへの補償責任を果たす方針を明らかにした。同社は公式コメントを発表していないが、ビエンチャン・タイムズ(電子版)が27日伝えた。 同幹部は「コンセッション…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ネットの導入コスト、ラオスは世界高水準(12/13)

バイオマス研究所が開所、国内初(12/12)

為替の厳格管理、法改正審議で議員が要請(12/11)

車フィルムのハイクール、CLMV諸国開拓(12/11)

ラオス民法典が成立 日本が支援、市場経済に下地(12/10)

18年の観光客400万人に、誘致年も伸び悩む(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン