• 印刷する

フォーチュン500、台湾企業9社に増加

米経済誌フォーチュンが19日発表した世界の大手企業500社の売上高番付「フォーチュン・グローバル500」の2018年版で、台湾企業は前年より3社多い9社がランクインした。このうち前年に続いてランクインした6社はそれぞれ前年より上位につけた。21日付経済日報などが伝えた。

台湾企業の最高位はEMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手、台湾・鴻海精密工業で、前年比3位上げて24位。次いで同業の和碩聯合科技(ペガトロン)と広達電脳(クアンタ・コンピューター)がそれぞれ285位、354位となった。

4位以降は◇台湾積体電路製造(TSMC、368位)◇仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス、404位)◇国泰人寿保険(キャセイライフ、410位)◇緯創資通(ウィストロン、432位)◇台湾中油(中油、436位)◇富邦金融控股(フボン・フィナンシャル・ホールディングス、478位)——の順だった。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画「我的少女時代(邦…(08/21)

輸出受注額が再びプラスに 7月は8%増、貿易摩擦影響せず(08/21)

環旭電、ポーランドEMS会社の株式60%取得(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

聯発科技、厦門のIC工業団地が始動(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

元太、上海バス停に電子ペーパーディスプレー(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

量子ドット材料の優美、中科に7千万元投資(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン