• 印刷する

日韓のニトリルゴムにAD仮裁定、商務省

中国商務省は16日、日本と韓国から輸入されるアクリロニトリル・ブタジエンゴム(ニトリルゴム、NBR)に対し、暫定の反ダンピング(不当廉売、AD)関税措置を課す仮決定を発表した。両国の製品にダンピング行為が存在し、国内産業が実質的な損害を受けたと仮判断した。

関税番号の40025910、40025990に分類される品目が対象。各社のダンピングマージンに応じた保証金を16日から税関で徴収する。保証金は税関が定める製品価格に保証金比率をかけて算出。保証金比率はJSRが18.1%、日本ゼオンが30.0%、その他の日本企業が56.4%、韓国企業は12.0~37.3%となる。

ニトリルゴムはホース、ガスケット、Oリング、オイルシール、靴底など幅広い工業製品に使われる。同製品の中国大手である中国石油天然ガス蘭州石化と寧波順沢橡膠が2017年9月29日、日韓製品が不当に安く中国へ輸出されたことで国内産業が損害を受けたとして、業界を代表してAD調査の実施を商務省に申請。商務省が同年11月9日から調査を行っていた。


関連国・地域: 中国-全国韓国日本
関連業種: 化学その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年は例年に比べて一時…(12/17)

テクノプロ、海外展開を加速 ヘリウス買収などで相乗効果期待(12/17)

4Qの輸出指数、3年で最低 下げ幅縮小も悲観くすぶる(12/17)

【改革開放40年】(2)世界の工場 相次ぐ進出、加速する成長(12/17)

台湾パネル初、中華映管が会社更生手続きへ(12/17)

19年の輸出5%増へ、伸び4P鈍化=貿発局(12/17)

米自動車への追加関税停止、3月末まで(12/17)

香港と本土、CEPA貨物貿易協定を締結(12/17)

消費15年半ぶり低水準、11月は8.1%増(12/17)

香港若者の大湾区進出支援、港澳弁主任(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン