• 印刷する

ジプニー燃料補助開始、来年末まで百億円

フィリピン政府は12日、ジプニー(フィリピン式乗り合いバス)への燃料補助金の支給を開始した。今年初めの税制改革法(TRAIN)施行に伴う燃料税の増税分を補助する。来年末までの補助金として計48億3,700万ペソ(約101億円)の予算を組んでいる。同日付地元各紙が伝えた。

年内に9億7,700万ペソ、来年に38億6,000万ペソの補助金を支出する。公共交通車両(PUV)として運行されるジプニー17万9,852台が支援対象となる。

トゥガデ運輸相によると、まずは12日から3日以内に、現金自動預払機(ATM)カード1万枚を配布する。TRAINには、ガソリンや軽油に対する物品税を増やすことが盛り込まれており、補助金の支給により運賃などへの影響を緩和させる狙いがある。

運輸省と同省傘下の陸運統制委員会(LTFRB)、予算管理省、エネルギー省の代表は9日、燃料補助金制度「パンタウィド・パサダ」の実施に関する共同の覚書回状に署名していた。今年7~12月のジプニーへの補助金は、1台当たり5,000ペソとなる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易戦争、比は年間47億円受益(09/21)

米レミットリー、送金シェア4割めざす(09/21)

DFNN、シンガポールのCYGと合弁へ(09/21)

伝統ジプニー、あと2年で幕 17万台廃車、新PUVの商機に(09/21)

マニラとセブのBRT、運輸省が一転推進へ(09/21)

地方2空港の開発案、運輸省は年内に承認(09/21)

博報堂が2社の株式取得、現地対応力を強化(09/21)

8月の国際収支、8カ月ぶり黒字(09/21)

20日為替:$1=54.075ペソ(↓)(09/21)

首都圏オフィス契約、BPO需要で前年突破(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン