• 印刷する

港湾別コンテナ取扱量、今年も中国勢が上位

中国政府系の研究機関である中国科学院の予測科学研究センターはこのほど、2018年の世界港湾別コンテナ取扱量ランキングの予測を発表した。1位は前年と変わらず上海港で、上位10位内に中国本土の港湾が6カ所入る構図も同じとみている。11日付経済参考報などが伝えた。

同センターが発表した「2018年世界トップ20コンテナ港湾予測リポート」によると、今年の港湾別コンテナ取扱量は首位が上海、2位がシンガポールという順位は昨年と同じだが、寧波舟山港が4位から3位に浮上する見通し。昨年3位の深セン港は4位となる。また香港港は順位を5位から7位に下げ、釜山港と広州港がそれぞれ5位、6位に上昇するとの予測だ。

リポートは、中国本土の港湾がランキング上位を占めるとする一方、各港湾の取扱量の伸び幅は前年に比べ縮小するとみている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国民が求める改革を推進、習総書記が強調(09/21)

米中貿易戦争、比は年間47億円受益(09/21)

米レミットリー、送金シェア4割めざす(09/21)

涼茶の鴻福堂、中国の全店閉鎖で撤退(09/21)

テイクオフ:「偽札が1枚あったら全…(09/21)

中国各地から高鉄で香港へ 国慶節、乗車券売り切れ相次ぐ(09/21)

千代田インテが車載部品強化 電動化に対応、機能材に強み(09/21)

ラオス中国鉄道、雇用問題を解決=学会(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

高鉄開通でキャセイに打撃、路線網に影響も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン