• 印刷する

港湾別コンテナ取扱量、今年も中国勢が上位

中国政府系の研究機関である中国科学院の予測科学研究センターはこのほど、2018年の世界港湾別コンテナ取扱量ランキングの予測を発表した。1位は前年と変わらず上海港で、上位10位内に中国本土の港湾が6カ所入る構図も同じとみている。11日付経済参考報などが伝えた。

同センターが発表した「2018年世界トップ20コンテナ港湾予測リポート」によると、今年の港湾別コンテナ取扱量は首位が上海、2位がシンガポールという順位は昨年と同じだが、寧波舟山港が4位から3位に浮上する見通し。昨年3位の深セン港は4位となる。また香港港は順位を5位から7位に下げ、釜山港と広州港がそれぞれ5位、6位に上昇するとの予測だ。

リポートは、中国本土の港湾がランキング上位を占めるとする一方、各港湾の取扱量の伸び幅は前年に比べ縮小するとみている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国から自転車生産移管 米企業が計画、貿易摩擦を回避(11/21)

農業用ドローン販売、独バイエルと中国メーカー(11/21)

テイクオフ:広州モーターショーから…(11/21)

今年の訪日客は800万人超え 携程が予測、来年のビザ緩和期待(11/21)

アリババの独身の日、1時間で9万ドル販売(11/21)

運輸相、「一帯一路」は貿易拡大に寄与(11/21)

民営企業の支援強化、税制面から=税務総局(11/21)

日本フルハーフ、来年に冷蔵車ボディー生産(11/21)

中国ブルネイが連携強化、習主席が初訪問(11/21)

企業庁と江蘇、工業団地開発など13件の覚書(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン