港湾別コンテナ取扱量、今年も中国勢が上位

中国政府系の研究機関である中国科学院の予測科学研究センターはこのほど、2018年の世界港湾別コンテナ取扱量ランキングの予測を発表した。1位は前年と変わらず上海港で、上位10位内に中国本土の港湾が6カ所入る構図も同じとみている。11日付経済参考報などが伝えた。

同センターが発表した「2018年世界トップ20コンテナ港湾予測リポート」によると、今年の港湾別コンテナ取扱量は首位が上海、2位がシンガポールという順位は昨年と同じだが、寧波舟山港が4位から3位に浮上する見通し。昨年3位の深セン港は4位となる。また香港港は順位を5位から7位に下げ、釜山港と広州港がそれぞれ5位、6位に上昇するとの予測だ。

リポートは、中国本土の港湾がランキング上位を占めるとする一方、各港湾の取扱量の伸び幅は前年に比べ縮小するとみている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:実に11年ぶりの故宮は…(07/16)

4~6月期のGDP、3.8%増 製造業やサービス業で伸び減速(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

貿易戦争で香港経済減速も 政府予測、下期に最大0.3Pか(07/16)

対米貿易黒字が13.8%拡大 摩擦激化も、上半期税関統計(07/16)

越境EC総合試験区、22都市に新設(07/16)

【プロの眼】知っておくのは親の義務、帰国子女受験の傾向と対策(07/16)

零細企業とハイテク企業、優遇税制を拡大(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン