カンボーザのパーム油事業、200人が反対運動

ミャンマー南部タニンダーリ管区で8日、大手財閥カンボーザが進めるパーム油事業に反対する200人以上の農民が、土地の返還を求めて抗議デモを行った。ミッジマ(電子版)が伝えた。 デモを行ったのは、タニンダーリ管区タニンダーリ郡区の6村の農民。カンボーザ系事業会社のカン…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 農林・水産政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

テイクオフ:以前に住んでいたミャン…(08/23)

ロヒンギャ帰還実現せず、準備完了も安全懸念(08/23)

ムセーマンダレー鉄道の路線を選定、国鉄(08/23)

ヤンゴン新都市、2事業でタイと印企業選定(08/23)

貿易赤字が前年同期比で6割減、7月まで(08/23)

ヤンゴン空港に24時間営業の高級ラウンジ(08/23)

縫製品CMP輸出額、現時点で38億米ドル超(08/23)

韓国への漁業労働者派遣を開始、まず20人(08/23)

ミャンマー不動産サイト、300万ドルを調達(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン