• 印刷する

工業省、産業用検査施設を19年稼働

カンボジア工業・手工芸省は、2019年末までに首都プノンペンのメンチェイ区で産業用検査施設を稼働させる。同様の検査施設の設置は国内2カ所目となる。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

チャム・プラシット工業・手工芸相によると、新たな施設は敷地面積6,000平方メートルで、7階建て。ルセイケオ区にある1カ所目の施設より広く、水処理プールなどを備えた最新式の施設になる。

建設には中国、韓国、日本、欧州連合(EU)などが、整備の供与や技術指導などで支援する。カンボジア標準協会(ISC)が運営し、あらゆる輸出用製品を対象に検査し、品質証明書を発行する。

国内には食品検査や産業用の検査施設が不足している。プラシット工業相は「このような検査は、カンボジアの経済と雇用拡大に不可欠だ」と指摘した。

乾燥肉や果物の生産者の1人は「現在、一部の商品はタイやベトナムの施設で検査を受けており、その手間が省ける」と、新施設の建設に期待を示した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

財務経済省、中国が経済開発に18億元融資(12/14)

建設業などに最低賃金設定 首相が促進要請、各業界も歓迎(12/14)

アジア開発銀、国道補修に7000万ドル支援(12/14)

政党法改正案が可決、野党の活動再開に道(12/14)

毛沢東通りにオフィスビル、19年末開業(12/14)

情報省、サイバー攻撃を警戒(12/14)

ケニアと直行便就航へ、航空協定に合意(12/14)

シアヌークビル空港、1~11月の利用者89%増(12/14)

1~11月のコメ輸出12%減、貯蔵設備不足(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン