• 印刷する

ハラル製品の国産化促進を、開発企画庁長官

インドネシア国家開発企画庁(バペナス)のバンバン長官は、インドネシアがハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)製品の輸入国になっていることを問題視し、ハラル製品の国産化を進め、ひいては輸出国に転じるよう投資を呼び掛けた。10日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

南スラウェシ州マカッサルで開かれたイスラム金融会議の基調講演で述べた。

バンバン長官は、国内にハラル製品のサプライチェーン(供給網)を構築することが急務だと強調。それによって国内需要を満たすだけでなく、世界市場に進出できると述べた。インドネシアは現在、ハラル製品の消費量で世界5位。バンバン長官は国内の市場の大きさを指摘し、「ハラル産業が発展すれば、国内総生産(GDP)成長や輸出、雇用にもプラスの影響を与える」と述べた。

専門機関の調査によると、2022年にはムスリムのハラル製品に対する支出額は全世界で3兆米ドル(約334兆円)規模を上回る見通し。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

大統領選候補者が確定、23日から選挙運動(09/21)

流通たばこ、100箱のうち7.04箱が違法品(09/21)

製薬カルベ、健康食品数を7年後に4倍へ(09/21)

首都にごみリサイクル施設 大崎町、州政府と協力し事業化へ(09/21)

来年6月までコメ輸入停止を、食糧調達公社(09/21)

ハラル製品の生産体制強化、工程表策定で(09/21)

公共交通の運賃統合、ジャカルタ政府が検討(09/21)

首都空港鉄道、利用者数が伸び悩み(09/21)

AP2、4空港の投資誘致で政府機関と覚書(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン