• 印刷する

ハラル製品の国産化促進を、開発企画庁長官

インドネシア国家開発企画庁(バペナス)のバンバン長官は、インドネシアがハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)製品の輸入国になっていることを問題視し、ハラル製品の国産化を進め、ひいては輸出国に転じるよう投資を呼び掛けた。10日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

南スラウェシ州マカッサルで開かれたイスラム金融会議の基調講演で述べた。

バンバン長官は、国内にハラル製品のサプライチェーン(供給網)を構築することが急務だと強調。それによって国内需要を満たすだけでなく、世界市場に進出できると述べた。インドネシアは現在、ハラル製品の消費量で世界5位。バンバン長官は国内の市場の大きさを指摘し、「ハラル産業が発展すれば、国内総生産(GDP)成長や輸出、雇用にもプラスの影響を与える」と述べた。

専門機関の調査によると、2022年にはムスリムのハラル製品に対する支出額は全世界で3兆米ドル(約334兆円)規模を上回る見通し。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

金融広告の表現、監督庁が指針導入(12:59)

北スラウェシの地熱発電に中国が関心(14:08)

テイクオフ:先週の土曜日、ジャカル…(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

首都で鉄道展開幕、22日まで 公共交通の発展で周辺事業に焦点(03/21)

東海電子、飲酒検知器の市場参入機会探る(03/21)

24日から大統領選のキャンペーンが解禁(03/21)

ジョコ大統領の支持率49%に、コンパス紙(03/21)

西ジャワ新空港、2都市結ぶ鉄道敷設へ(03/21)

ライオン・パーセル、宅配に鉄道利用促進(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン