• 印刷する

1~3月の保険収入29%増、生保の伸び顕著

カンボジア保険協会(IAC)によると、2018年1~3月の総保険料収入は前年同期比29.3%増の4,680万米ドル(約52億円)だった。生命保険料収入の増加が全体を押し上げた。プノンペン・ポスト(電子版)が10日伝えた。

総収入の内訳は、損害保険が14.5%増の2,460万米ドル、生保が50.5%増の2,210万米ドルだった。カンボジアでは損保が11社、生保が7社、営業している。

IACのフイ・バタロ会長は「保険料収入の拡大は、カンボジアで保険についての理解が進んでいる証しだ」と指摘。経済成長を背景に、保険市場は今後も成長を続けるとの見通しを示した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

国内最長の橋建設、中国が2億ドル援助(18:56)

不動産市場、19年は供給拡大 完成ずれ込みで、値崩れ懸念も(03/19)

神鋼環境、上水道事業参入を正式発表(03/19)

首都北部に浄水場新設、22年稼働見込む(03/19)

高級建材の需要拡大、消費者の価値観に変化(03/19)

干ばつで40万kWの電力不足、計画停電も(03/19)

コショウ輸出最大手セラ、日本に近く初出荷(03/19)

旧最大野党幹部8人を提訴、国家反逆関連で(03/19)

殺人容疑で2邦人逮捕、カンボジア北西部(03/19)

チュララット病院、カンボジアで専門医療(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン