• 印刷する

1~3月の保険収入29%増、生保の伸び顕著

カンボジア保険協会(IAC)によると、2018年1~3月の総保険料収入は前年同期比29.3%増の4,680万米ドル(約52億円)だった。生命保険料収入の増加が全体を押し上げた。プノンペン・ポスト(電子版)が10日伝えた。

総収入の内訳は、損害保険が14.5%増の2,460万米ドル、生保が50.5%増の2,210万米ドルだった。カンボジアでは損保が11社、生保が7社、営業している。

IACのフイ・バタロ会長は「保険料収入の拡大は、カンボジアで保険についての理解が進んでいる証しだ」と指摘。経済成長を背景に、保険市場は今後も成長を続けるとの見通しを示した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

ポル・ポト元幹部に終身刑、大量虐殺などで(11/16)

1~9月の国境輸出0.8%減 ゴム下落、通年でも低調の見通し(11/16)

首都空港、滑走路の改修完了 乗り入れ増加や大型機発着に備え(11/16)

中国電子部品、シアヌークビルに工場新設(11/16)

地方空港建設、3州が有望=空港運営会社(11/16)

水資源省とア開発銀、5州でかんがい改善(11/16)

総保険料収入、1~9月は28%増=財務省(11/16)

1~10月のコメ輸出13%減、米ドル高が影響(11/16)

飲食店2千軒超、衛生指導に不参加=保健省(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン