• 印刷する

豪の原価利益率、過去35年で急上昇

オーストラリアでは、モノやサービスのマークアップ率(原価に対する利益の割合)が過去35年間で急上昇したことが米プリンストン大学と英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのエコノミストによる調査報告書で分かった。大企業が以前よりも市場占有力を行使しているのが原因という。オーストラリアンが伝えた。

両大学のエコノミスト2人がオーストラリアを含む134カ国・地域の大企業7万社を分析したところ、全体の平均マークアップ率は1980年の1.1から2016年には1.59に上昇。オーストラリアは1.57に上昇していた。特に過去10年間で急上昇しており、市場競争が減退していることが示されているという。

調査報告書では、市場競争がない場合、企業は市場占有力を行使し、より高い価格でモノやサービスを販売することができると指摘。市場占有力は、労働者や消費者からリソースを奪い、企業の所有者らに再分配することにつながると述べている。

オセアニア地域でもグローバル平均と沿った形でマークアップ率が上昇しているが、主にオーストラリアがけん引しており、ニュージーランドのマークアップ率は35%上昇にとどまっている。

だが、独立系シンクタンク、グラッタン・インスティテュートの昨年の調査では、オーストラリアでは大企業が経済に占める割合は15%と他国に比べて小さく、市場占有力を行使していないと指摘されている。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:第二次世界大戦後、米国…(03/27)

豪政府、香港とFTA締結 貿易と投資の連携強化へ(03/27)

NTT、豪大学と高齢化社会研究で提携(03/27)

休暇中の時間外労働付加金、年金支払は控除(03/27)

香港と豪州、FTAと投資協定に調印(03/27)

豪10年国債利回りまた低下、株式市場も暴落(03/27)

AGLが60%増益、VIC州石炭火電閉鎖で(03/27)

今後1年間は収入増の期待薄=EY調査(03/27)

「生活賃金」来年7月から段階的導入=野党(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン