海運テマス、首都港にクレーン10基を設置へ

インドネシアの海運サービス会社プラヤラン・テンプラン・マス(テマス・ライン)は、3,000万米ドル(約32億9,700万円)を投じ、首都ジャカルタのタンジュンプリオク港にクレーン10基を設置、荷役業務の効率化を図る。クレーンの搬入は来年末になる見通し。27日付コンタンなどが伝…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

石炭大手アダロ、東南アの発電所買収を視野(15:33)

エネ鉱省、増産に消極的と国営石油を批判(15:43)

園芸産品の輸出に注力、大きな潜在性と政府(15:27)

ベンツ、19年半ばに電気自動車を発売へ(15:19)

テイクオフ:インドネシアの友人は思…(09/25)

QRコード決済の普及進む 仮想店舗、自販機サービス続々(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

三井物産の奨学生、日本留学向け壮行会(09/25)

日系企業関与のジャワ第1発電所、12月着工(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン