EV参入ハードル引き上げへ 発改委が検討、「質」重視にシフト

中国政府が、電気自動車(EV)産業の無秩序な拡大にブレーキをかける動きを見せている。国家発展改革委員会(発改委)は先ごろ、EV製造への参入について、技術や資金などの条件を引き上げることで検討を開始していると明らかにした。エコカー(新エネルギー車)の販売台数は1…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(13:54)

新世界と騰訊、本土のモバイル決済で提携(13:23)

VCに税制優遇、起業やイノベーション支援(12:18)

サムスン電子、中国天津でのスマホ生産停止(12:07)

中国再参入の計画ない、グーグルの検索サービス(12/13)

テイクオフ:会社からの帰り道。広州…(12/13)

中国人客の呼び戻し策を強化 ビザや税優遇、航空大手は赤字も(12/13)

EVの充電環境さらに改善へ 政府4部門、3年で「6大任務」(12/13)

中国が米車関税引き下げ、摩擦解消へ一定譲歩か(12/13)

シルフィが首位、11月のセダン販売(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン