• 印刷する

子持ち世帯の学資ローン負担軽減、8月実施へ

出産や子育て支援などの少子化対策の一環として、台湾の教育部(文部省)が子供を持つ学資ローン債務者の返済負担の軽減を検討している。8月以降、各世帯の未子が小学校に上がるまでの間、元金の返済を猶予するほか、利息も政府が負担する。聯合報が伝えた。

労働部(労働省)によると、2017年の大学新卒者の平均初任給は月額2万8,400台湾元(約10万4,100円)と前年に比べ約2,000元上昇。しかし学資ローン債務者の多くが、数十万元に上るローンの返済に追われ、結婚や出産、子育てなどを考える余裕がないのが現状という。

こうした中、教育部は低~中所得者世帯を対象とした学資ローン返済負担の軽減措置を実施。月収が3万元未満の場合、元金支払いを最大4年間猶予しているほか、収入が増えない場合、支払い期限を従来の8年から16年へ延長している。

教育部によると、世帯年収が120万元以下、または高校生以上の子供が2人以上いる場合に学資ローンを申請できる。在学中は元金据え置きで、世帯年収が114万元以下の場合は主管機関が利息を全額負担、114万~120万元の場合は、主管機関と債務者が利息を半分ずつ負担する。

少子化の加速で、学資ローン申請者は16年に約28万人と従来の40万人超から大幅に減少。貸出残高は214億元だった。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、4Qは10%増収へ 通年は下方修正、仮想通貨向け縮小(10/19)

メモリー宜鼎、傘下4社とAIoT連盟(10/19)

米中摩擦の影響、車市場は「最後」=裕隆日産(10/19)

シャープ、プラズマ空気清浄機をMRTに設置(10/19)

繊維の福懋興業、漁網の再生繊維を米出荷へ(10/19)

ECの網家、19年3Qに台北で無人店舗(10/19)

OKマート、セルフ調理器「OKクック」導入(10/19)

海外資本の商用不動産投資、今年はゼロ(10/19)

台北の店舗用物件、地上1階以外の需要拡大(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン